カテゴリ:宮崎( 37 )

日南海岸

2007年5月26日
南国宮崎と言うと代表的な観光地が日南海岸です
真っ青な海と空、ワシントン、パームやフェニックスの
街路樹が立ち並び青島、サボテン園、都井岬と宮崎らしい
風景が広がります
今回はモアイ像のある日南メッセを紹介します

1、青島 鬼の洗濯岩と言われる波状岩に囲まれた周囲1,5キロの
 小島で神話の舞台となった青島神社があります
d0029744_1742173.jpg

2、日南海岸
d0029744_1752752.jpg

3、日南サンメッセのモアイ像
d0029744_176333.jpg

4、モアイには「モ」が未来「アイ」が生きる 「未来に生きる」と
  いう意味があります
d0029744_1710377.jpg

5、イースター島のモアイ像の復元に力を貸したのがこの園の創始者だったと
  いう事でこの地にモアイ像の設置が認められ現在高松塚古墳に携わっている
  石工の磯野?さんが作られたそうです
d0029744_17151518.jpg

by yuki0504062 | 2007-05-26 17:18 | 宮崎 | Trackback | Comments(21)

ただいま戻りました

2007年5月25日
父の法事のため17日から宮崎に行って来ました
早いもので父が亡くなって2年ついこの前のような気がします
法事後父の好きだった麻雀をして昔話に花がさきました
父の上がり方は誰も予測がつかずやられたよな~とか
お酒が好きで酔うと昔満州にいた頃の話や引き上げてきてからの
苦労話などよくしてたものでした
いくつになっても親は親、懐かしく思い出します

20日市内の運動公園内の日本庭園、日向景修園に行って来ました
1、
d0029744_17562180.jpg

2、しょうぶ園
d0029744_17572259.jpg

3、
d0029744_1758160.jpg

4、高千穂峡の「真名井の滝」を模して作られています
d0029744_180266.jpg

5、
d0029744_1802619.jpg

by yuki0504062 | 2007-05-25 18:03 | 宮崎 | Trackback | Comments(14)

はにわ園

2006年9月12日
宮崎市郊外の高台に平和台公園があります 紀元2600年を記念して建てられた
平和の塔があり秩父宮殿下の筆による「八紘一宇」が刻まれていたことから昔は
八紘台と呼ばれていたのですがその精神(天下を統一する)が戦争目的に利用された
として「平和の塔」として呼ばれるようになったそうです
側面には武人、漁人、農耕人、商工人を表す神像があります

1平和の塔
d0029744_1643827.jpg

2、はにわ園 平和台公園内にありS37年に設置され遊歩道のある林の中に400基の
         はにわがあります
d0029744_155254100.jpg

3、このハニワは本部マサさんという方が日本各地で発掘されたハニワを再現され
  公園に保存されたものです
d0029744_1556104.jpg

4、農夫
d0029744_15564429.jpg

d0029744_1634343.jpg

by yuki0504062 | 2006-09-12 16:05 | 宮崎 | Trackback | Comments(13)

市街地の風景

2006年9月11日
日南からの帰りは海岸沿いの道をドライブしてきました
日南海岸はワシントニアバームやハイビスカスなどが咲き乱れ
南国らしい風景が広がっています

1、
d0029744_21522613.jpg

2、鬼の洗濯岩 大昔の海中で侵食された水生岩が隆起して波の浸食で出来た岩で
  ギザギザした独特の形から鬼の洗濯岩と呼ばれるようになりました
d0029744_21575047.jpg

3宮崎の町の中央を流れる大淀川と橘橋 昨年の台風14号で大きな水害をもたらしました
d0029744_226554.jpg

4、リバーサイド通り ホテルが立ち並ぶ橘公園
d0029744_2232597.jpg

by yuki0504062 | 2006-09-11 22:12 | 宮崎 | Trackback | Comments(14)

ただいま戻りました

2006年9月10日
2週間ほど田舎の宮崎に行ってきました 夏ばてで体力、気力が落ちていた母も
少し快復してきたようなので後ろ髪惹かれる思いもあるのですが近くに妹もいるので
お任せして戻ってきました 体力快復のためと色々作っても母は少食なので
ほとんど私の胃袋に、、私のほうが体力快復、Wtオーバーになってしまいました

妹が時間を作ってくれて日南の坂元棚田に連れて行ってくれました
S8年に約100枚、5haの棚田が完成しましたが後継者も少なくなり現在は
棚田オーナー制度を取り入れ維持管理されています
10月6,7日には全国棚田サミットが開催されます
1、棚田への入り口の道の駅
d0029744_1854211.jpg

2、
d0029744_1861822.jpg

3、
d0029744_1864256.jpg

4、
d0029744_187982.jpg

5、オーナーさんが時々訪れるそうです
d0029744_1881487.jpg

by yuki0504062 | 2006-09-10 18:10 | 宮崎 | Trackback | Comments(19)

真幸棚田

2006年5月24日
宮崎には棚田百選に登録されている棚田が11箇所あります
帰ったら1度は行って見たいと思ってました
えびの高原の帰りに近くの真幸の棚田に行ってみました
真幸の棚田は肥薩線真幸駅の裏山にあります 規模は小さいのですが石積みの棚田でした

1、真幸駅 無人駅なのに石庭がきれいです
d0029744_1621732.jpg

2、水が張られた棚田 田植えはまだでした
d0029744_16221389.jpg

3、あじさいと棚田
d0029744_16224969.jpg

4、帰り道での棚田
d0029744_16233864.jpg

by yuki0504062 | 2006-05-24 16:24 | 宮崎 | Trackback | Comments(7)

ただいま戻りました

2006年5月23日
父の法事で宮崎に行って来ました 空港を降りたとたんに南国の風景が懐かしく広がります
ブーゲンビリアやディーゴの花が咲き乱れ街路樹の中に埴輪が迎えてくれます
宮崎も梅雨のようなお天気が続いて晴間がでたのは週末からでした
えびの高原にミヤマツツジが咲いていると言うので出かけてみましたが今年は花が咲くのが
遅れていて例年だと高原をピンクに染めるミヤマツツジは見られませんでした

1、霧にけむる霧島の山々
d0029744_161892.jpg

2、えびの高原レストハウス前
d0029744_16185682.jpg

3、ミヤマキリシマ
d0029744_16193881.jpg

by yuki0504062 | 2006-05-23 16:21 | 宮崎 | Trackback | Comments(6)

宮崎の町を散歩

2006年2月2日
市役所に用事があったので町をお散歩してきました
1、樹齢100年くらいの楠木が茂る県庁通り
d0029744_15254230.jpg

2、市庁舎前
d0029744_15261738.jpg

3、町の中央を流れる大淀川河畔
d0029744_1527194.jpg

by yuki0504062 | 2006-02-02 15:28 | 宮崎 | Trackback | Comments(4)

夜神楽

2006年2月1日
宮崎は神話の里とも言われ数多くの神話や伝説が残されています
神楽は五穀豊穣や地域の人々の安全と健康を感謝し1年の生活の安定を祈る集落の祭り
です
宮崎では高千穂神楽が有名ですがその他にも12箇所ほどの地域で行われています
市内から1時間ほどのところの高鍋町の愛宕神社で夜神楽が行われていたので行って
みました
神楽は33番夜を通して朝まで続くもので寒いので朝までは付き合えず1番が終わった
ところで帰ってきました 暗いのと寒さで手ぶれの山でした
1、神社での神事
d0029744_12313559.jpg

2、神楽の始まり
d0029744_12321549.jpg

3、能の動きに似ているのがここの特徴とか
d0029744_12333991.jpg

by yuki0504062 | 2006-02-01 12:39 | 宮崎 | Trackback | Comments(4)

ただいま戻りました

2006年1月31日
16日から2週間田舎の宮崎に帰ってきました 
南国宮崎は暖かく関東では大雪が降ったとかでまだあちこちに雪の名残が残ってますね
帰省中宮崎の西都市(古墳で有名)で行われた石野田臼太鼓踊りの模様です
踊りは江戸時代に肥後の細川藩士が伝えたと言われるもので昔火災の多い同集落に
火除け地蔵を作り奉納されたのが始まりだそうです
1、のぼり旗を背負い勇壮に踊ります
d0029744_14482530.jpg

2、
d0029744_14485097.jpg

3、
d0029744_1449881.jpg

4、
d0029744_14492848.jpg

5、
d0029744_14494884.jpg

6、
d0029744_1450768.jpg

by yuki0504062 | 2006-01-31 14:51 | 宮崎 | Trackback | Comments(7)