火伏せまつり 満福寺

2009年1月30日

28日(水)小田原の満福寺では400年前から続いている「火伏せまつり」が
行われました。
正午から「護摩供養」が行われた後1時から境内に積まれた旧年のお札に
火をつけ読経の中「火渡り」を行う儀式です。
「火渡り」は関東一円から修験者が集まり不動明王と同じ姿になって
その境地を体現するために火の上を素足で渡ります。
また、煩悩や身に降りかかる災難を焼き尽くすと言う意味もあるそうです。

1、満福寺
d0029744_14104759.jpg

2、山伏の読経から始まります。
d0029744_14134735.jpg

3、山伏問答
d0029744_14143352.jpg

4、宝斧
d0029744_14151767.jpg

5、宝弓 南北西東に弓を射て悪しきを払う
d0029744_1416532.jpg

6、宝刀
d0029744_14173939.jpg

7、宝槍
d0029744_14181543.jpg

8、積まれたお札に火がつけられる。
d0029744_14192240.jpg

9、お札が燃えた後、火渡りが始まります。
d0029744_14205498.jpg

10、
d0029744_1422876.jpg

11、
d0029744_14224980.jpg

12、火が消えた後一般参拝者も無病息災を願って素足で渡ります。
d0029744_1424168.jpg

[PR]
by yuki0504062 | 2009-01-30 14:10 | イベント
<< 金沢自然動物園 横浜万葉の湯 >>