舞岡 おひなさま

2007年3月4日
1日は山手の西洋館の雛飾りを見てきました
舞岡でも3日はひな祭りがあると聞いて行ってみましたが
午後からとのことでお雛様の紹介だけにします

1、梅がまだきれいな古民家
d0029744_12105584.jpg

2、今年から加わった江戸時代のお雛様
d0029744_12114561.jpg

3、享保雛 首が長いですね
d0029744_12123684.jpg

4、
d0029744_12125645.jpg

5、七段飾りが2対
d0029744_12232744.jpg

by yuki0504062 | 2007-03-04 12:45 | 四季 春 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/4884233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 五郎 at 2007-03-04 18:07 x
享保雛はクラシックな感じがしますね、西洋館のおひなさんを
見たあとだけにそう思うのかも知れませんが、7段飾りが二組
とは凄いですね、飾ってあるのは、あの藁葺き屋根の古民家
なのでしょうか、大きな家でしたから、大丈夫ですね!
Commented by dekimaro at 2007-03-04 18:08 x
ひろしさんのブログでも紹介されていましたが、所用のため行けませんでした。
七段飾りが二対もあると、迫力がありそうですね。
古民家の窓からの光が綺麗に回り込んで、雛人形の優しい感じが出ています。
Commented by FUKUCHAN at 2007-03-04 19:50 x
享保雛は、珍しいですね。
近頃七段飾りなんて、こういうところでしかお目にかかれないのでは。
Commented by eos44 at 2007-03-04 20:00
こんばんわ~^^
ほんとに首が長いですね。
でも、昔から顔の感じは変わっていませんね~。
Commented by biigle at 2007-03-04 21:54
相変らずすごいペースで撮り歩いていますね。
古民家は屋根が新しいけれど、こういう撮り方だと
いい感じですね。
享保雛ってはじめて見ましたが、とてもユニークで面白いです。
Commented by たなちゃん at 2007-03-05 06:13 x
私もこの前行って見てきたが江戸のお雛様よく撮れなかった
今また見せていただきありがとう
Commented by ゆき at 2007-03-05 09:58 x
五郎さん そう、あの古民家で例年は7段飾りだけだったのが今年から
江戸時代のお雛様が2対加わってお部屋一杯になりました
享保雛は約270年前のものだそうです
Commented by ゆき at 2007-03-05 10:04 x
dekimaroさん 舞岡のお雛様も今年は2対増えてにぎやかになりましたよ 雛飾りは西洋館でも違和感は感じませんでしたがやはり和室の
障子と良くマッチしますね
Commented by ゆき at 2007-03-05 10:09 x
FUKUCHANさん 享保雛は古いのに保存が良くできてたなと思いました 足を投げ出しているのも面白いです
7段飾り、場所をとるの段々敬遠されるようになりましたね
Commented by ゆき at 2007-03-05 10:13 x
eos44さん 昔からお雛様の顔って似たような感じですね
お公家さんの影響でしょうか
横浜に世界の人形を展示してる所があるのですが国によってやはり特徴
が顔に出ていますよ
Commented by ゆき at 2007-03-05 10:17 x
ビーグルさん 享保雛270年前のものだそうですが時代時代でお雛様も
違うものですね 変わり雛って毎年その年の話題の人をモデルにして
作られてますが今年は何だったんでしょう
Commented by ゆき at 2007-03-05 10:19 x
たなちゃんさんも舞岡にいらしたんですか 江戸時代のお雛様が加わってにぎやかになってましたね
来年また見てみたいものです
Commented by tkasai9 at 2007-03-05 10:30
おひなさま、第2弾ですね。とてもシャープに撮れていますが三脚使用ですか?気持ちの良い写真です。
Commented by ゆき at 2007-03-09 10:48 x
よしさん コメントありがとうございます 気が付かずにお返事が遅くなり
すみません 私は不精なのでほとんど手持ちです この舞岡では
昔ながらの文化や伝統を継承しようと市民団体が努力されています
<< 春の野草 山手 おひなさま >>