舞岡小谷戸の里

2006年8月22日
しばらくご無沙汰していた舞岡公園に稲の花が咲いていると情報をいただき
行って見ました

1、稲は4~50cmに成長し稲穂も実り青々とした稲田になっていました
d0029744_18104781.jpg

2、稲の花 早朝だときれいな花が見れるのですが少し枯れかけてしまいました
        2~3ミリの小さな花なのでマクロじゃないと無理ですね
d0029744_1814664.jpg

3、小谷戸の里の古民家
d0029744_18153071.jpg

4、農具
d0029744_1816123.jpg

5、室内
d0029744_18164024.jpg

by yuki0504062 | 2006-08-22 18:17 | 里山 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/3623628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 五郎 at 2006-08-22 20:27 x
米ができるのですから花が咲くのは当然なのですが、何故か不思議な気がします、あまりに密着した食べ物ですから・・・それにしても小さくて可愛い花ですね、実は始めて見ました。
Commented by biigle at 2006-08-22 22:59
稲穂は綺麗ですよね、花がなんとも可愛いです。
へ~、古民家もあるんですね、癒されます。
Commented by dekimaro at 2006-08-22 23:05 x
ひろしさんのblogでも紹介されていた、舞岡公園の稲の花ですね。
小学校の時、学校で稲を栽培して、初めて花を見た時の事を思い出しました。
古民家の土間の写真も、外光が程よく差し込んでいて、いい感じです。
Commented by ゆき at 2006-08-23 10:53 x
五郎さん 実がなるのですから花が咲くのも当然なのですが恥ずかしい話ですが私も師匠の棚田の写真を見るまでは稲の花を見たことが無かったのです 小さな花ですので良く見ないと分らないです
Commented by mimishimizu3 at 2006-08-23 11:04
すばらしい民家ですね。とうもろこしがつるしてあるところなど、生活感もでて、いい作品だとおもいました。
Commented by ゆき at 2006-08-23 11:10 x
ビーグルさん 古民家は東戸塚の民家を移築したそうですが懐かしい
昔の住まいは心が和みますね 舞岡は自然をそのまま残した里山ですのでいつでも行くと癒されます
Commented by ゆき at 2006-08-23 11:15 x
dekimaroさん 稲の花私は数年前まで見たことがなかったのですが
小さくてかわいいですね ひろしさんに教えて頂いて行ってきました
マクロじゃない(レンズのせいにして!)のと腕が悪いので花がはっきり
しなくてすみません
Commented by ゆき at 2006-08-23 11:28 x
mimiさん この古民家では昔ながらの農体験を大切に受け継ごうと藁細工などもされてます いろり、縁側、農具など懐かしい風景ですよね
Commented by pechifeb9 at 2006-08-24 10:32
4の農具の写真、色合いが素敵です。5も室内の適度な陰影が出ていて、良いですね。
こういう写真を見ると癒され、農業を体験していなくてもとても懐かしい感じを受けるのは日本人というDNAがあるからでしょうか。
<< 舞岡の草花 いたち川いかだまつり >>