三渓園一般公開2

2006年8月18日
三渓園の鶴翔閣は三渓が家族との住まいとして建てたもので
延べ面積約950㎡(約290坪)あるそうです
芸術家の育成にも力をいれて多くの芸術家、文学者も訪れ泊り込んで
創作活動をしていたそうで近代日本文化の創出にも大きな役割をはたしたそうです

1、楽室棟 家族が集まって談笑、食事、音楽鑑賞をした部屋
d0029744_11364428.jpg

2、広間 接客の部屋として美術品の鑑賞などに使われたようです
d0029744_11392870.jpg

3、原 三渓がデザインしたテーブル、イス
d0029744_11401778.jpg

4、南門出口にある上海横浜友好園の湖心邸
d0029744_11415150.jpg

5、狛犬
d0029744_11421552.jpg

by yuki0504062 | 2006-08-18 11:43 | その他
<< いたち川いかだまつり 三渓園一般公開 >>