三渓園一般公開

2006年8月17日 
原三渓が作った庭園、三渓園の重要文化財の臨春閣、白雲邸、鶴翔閣の
一般公開が行われているというので行って来ました
台風の影響で雨が時折降って蒸し暑い日でした庭園は人出は少なくて
ゆったりとしていました

1、大池
d0029744_20445149.jpg

2、臨春閣の客間(浪華の間)
d0029744_20463587.jpg

3、欄間 本物の笙が飾られている この意匠は他にない独創的なものです
d0029744_2049166.jpg

4、黒漆螺鈿様閣人物図扉 おうむ貝やあわび貝などの真珠光を放つ部分を
切り取り描いたもので大変精巧なものです
d0029744_20532363.jpg

5、浪華十詠欄間 難波の景勝地十景を殿上人が詠んだ歌が書かれています
d0029744_20574194.jpg

6、廊下の天井
d0029744_20581872.jpg

by yuki0504062 | 2006-08-17 21:01 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/3593779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Dekimaro's P.. at 2006-08-17 22:02
タイトル : 横浜三溪園[2]
前回の続きをどうぞ。 [撮影は7月9日] 蓮池の隣は睡蓮池。 名前の通り、一面睡蓮が生えています。 花は所々と言う感じでしたが、岸に近いものを一枚。 蓮のピンクに比べると、白と黄色と言う組み合わせは清楚な感じです。 大池の畔、藤棚の近くには水面....... more
Commented by 五郎 at 2006-08-17 21:34 x
やはり成功者は違いますね、羨ましいですが一般庶民には別の世界の様な気がします、ゆったりと見て回って雰囲気を楽しんだみたいですね、襖も廊下の天井もこだわりが伝わってきます。
Commented by dekimaro at 2006-08-17 22:08 x
三溪園の重要文化財が一般公開されたんですね。
7月に行った時は、臨春閣の縁側?からちょっと覗いただけでしたから、
こんな風に見せてもらえて、よかったです。

1枚目の大池、いい雲が出ていますね~!
台風の影響で変わりやすい天気でしたが、逆にそう言う時こそ
こんなダイナミックな空が見られるんですよね。
写真に撮りたかったなぁ^^;

※7月に行った時の様子をTBさせて頂きました。
Commented by eos44 at 2006-08-17 22:46
yuki0504062さんこんばんわ。
流石は重要文化財に指定されるほどの素晴らしい建物ですね。
最後の斜めな天井が気に入りました。
Commented by ゆき at 2006-08-17 22:48 x
五郎さん 原 三渓は豪商としてだけでなく芸術にも造詣が深くて書や
絵画などたくさんの作品も残しています 金持ちの道楽だけでないのが
良いですね 広大な敷地に徳川家、豊臣家の建築物を私有してたなんて
すごいですよね
Commented by ゆき at 2006-08-17 22:57 x
dekimaroさん 一般公開20日までと言うので急きょ行ってみたのですが年に何回かやってるようですよ 今日の空は青空が出たかと思うと
雨雲が広がったりと目まぐるしい天気でした こういう日が面白いかも
しれませんね7月にいらした時の写真も見せていただきました
縁側の節目が良い感じですね
Commented by ゆき at 2006-08-17 23:07 x
eos44さん この臨春閣は徳川吉宗が幼少の頃過ごした紀州家の別荘
だったそうです 襖絵も狩野一族の手によるもので贅をこらされてます
京都も素晴らしい建築物がたくさんあって何回か観光で行っても廻りきれませんね 京都にお住まいのeos44さんが羨ましいです
Commented by biigle at 2006-08-17 23:52
さすがに早耳で行動力あふれるゆきさんですね!
三渓園は金持ちの道楽的な先入観があってあまり好きじゃなかったのですが、建物はさすがに立派ですね。
Commented by ゆき at 2006-08-18 10:03 x
ビーグルさん 金持ちの道楽も私欲だけだと鼻持ちならないけど文化的
資産を保存して無料(初めは)で庭を開放したというのは太っ腹の人だったのかも、、四季折々に楽しめれば良いなと思います
Commented by mimishimizu3 at 2006-08-18 10:29
本物の笙があんなところに飾られているなんて、ずいぶん珍しいですね。
こういう貴重な建物が、撮影許可というのがうれしいですね。
Commented by ゆき at 2006-08-18 21:49 x
mimiさん 欄間に笙を飾るなんて珍しいですよね この建物は紀州徳川
家の別荘だったのですが建てた人の遊び心がしのばれますね
三渓園は今年100周年にあたっての特別公開でした
<< 三渓園一般公開2 お墓参り >>