しばらく留守にします

2006年5月14日
昨年あやめが美しく咲いていた頃父が92歳の天寿をまっとうしました
戦争中満州での苦労話、引き上げてきてからの話などよく聞かされたものです
長女の私は1番かわいがられたらしく昔話と言うと私の事ばかりで姉妹にひがまれたものです
私も父との思い出が深く夫婦けんかをして母が家を出るとき姉妹は母についていっても
私だけが父について残ったものでした
早いもので1周期をむかえ14日~22日まで宮崎に帰省してきます
戻りましたらまたお付き合いくださいね
by yuki0504062 | 2006-05-14 07:05 | その他 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/3089845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by biigle at 2006-05-14 08:58
いってらっしゃい、宮崎の自然溢れる写真もよろしくね!
Commented by 五郎 at 2006-05-14 10:21 x
カメラを忘れずに!
元気で戻ってきてください!
Commented by 浜のくろ at 2006-05-14 12:09 x
ゆきさんのお墓参りはお父さんが一番お喜びになることでしょう。
十分ご供養されてきますように。
Commented by eos44 at 2006-05-15 23:01
そうですか、僕も小さい頃は親父にくっついていました。
親父は出商売でほとんど家にいなかったのですが、帰ってくると「これでもかっ!」いうくらいに愛情を注いでくれましたよ。
(もちろん母親もですが。)
兄は「相手にしてもらえなかった」と今でも親父のことを言いますが、
僕は決してそんな風には思いません。
夜も寝ずに船を走らせ、疲れきった体で近所での遊びなどに1日付き合ってくれたことなど、ほんとに大切な思い出です。
今も体の具合が良いとはいえませんが、元気にしてくれているので、それが何よりの宝物です。
yuki0504062さんが可愛がられた事が容易に想像できますよ。
しっかりと供養してあげてくださいね。
行ってらっしゃい。
Commented by ひめさゆり at 2006-05-17 12:58 x
娘にとって父親は格別な思いがありますね。存分想いをお伝えください。
元気に帰浜なさいましたら、写真撮りに連れて行ってくださいね。
Commented by ゆき at 2006-05-23 15:16 x
ビーグルさん ただいま戻りました 宮崎も雨ばかりで雑用や遊びに忙しく写真をほとんど撮れませんでした 田舎に帰るとぼっーとしてしまって
ぼけてしまいそうです
Commented by ゆき at 2006-05-23 15:19 x
五郎さん 帰ったら田んぼの写真をたくさん撮りたいと重いレンズを抱えて行ったのにこちらにいる時の1日分より少なくてお見せできる写真が
なくてごめんなさい
Commented by ゆき at 2006-05-23 15:26 x
くろさん ありがとうございます 父の供養も無事終わり亡くなった事が
ついこの前のような気持ちと遠くなってしまったような気持ちとが入り混じった複雑な心境でした 皆で昔話をして懐かしかったです
Commented by ゆき at 2006-05-23 15:31 x
eos44さん 暖かいコメントありがとうございます 子供にとって親はいつまでも元気でいてほしいものですね お父様もお元気でお過ごしとの事うれしいですね 思い出をたくさん作って下さいね
Commented by ゆき at 2006-05-23 15:35 x
ひめさゆりさん ようこそ お心ずかいありがとうございます
ひめさゆりさんも昨年お母様をなくされて淋しい思いをされたんですよね
親にはいつまでも元気でいてほしいですね お父様はお元気ですか?
また一緒に撮影に行きましょうね
Commented by 酒仙爺 at 2006-05-23 15:54 x
こんにちは。
お帰りなさい。そしてお疲れ様でした。。。
とりあえずホッと一息というところでしょうか。
落ち着かれましたら、また素敵な写真を見せてくださいね。
<< ただいま戻りました 道端の野草 >>