石仏観音

2006年3月20日
今日は朝から穏やかな日差しにいつもの思いつきで北鎌倉へと出かけました
駅を降りると平日にもかかわらず観光客の団体さんがぞろぞろと同じ道を歩いていきます
まず鎌倉五山の第2位の円覚寺へ、18の塔頭をもつ境内は梅も盛りを過ぎて早咲きの桜が
咲き出しています 
方丈の庭にある百観音を見て行きました 江戸時代に作られたと言われる石仏観音は
1体1体表情が違ってじっくり見ていると語りかけてくるようで和みます

1、
d0029744_21585339.jpg

2、
d0029744_21591323.jpg

3、
d0029744_21593011.jpg

4、
d0029744_2159536.jpg

5、
d0029744_2201097.jpg

by yuki0504062 | 2006-03-20 22:01 | モノクロ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/2854036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 五郎 at 2006-03-21 07:46 x
このような対象物だとモノクロも生きてくるような気がします、ほんと仏さまの一人一人の表情が違っておもしろいです、作った人の奥さんだったり娘さんの顔をモデルにしたのかなあ?
Commented by 酒仙爺 at 2006-03-21 07:54 x
おはようございます。
本当にそれぞれ表情が違いますね。伝えたい想いがそれぞれ違うんでしょうね。
Commented by ゆき at 2006-03-21 11:01 x
五郎さん 古い石仏なのでお顔がなかったり潰れたりしているのもあったけどそれぞれ表情が違って面白いですよ 誰がモデルだったんでしょうね
Commented by ゆき at 2006-03-21 11:04 x
酒仙爺さん 川越の喜多院の500羅漢さんもいろんな表情をしていて
見ていて飽きなかったですね この観音様もどんな思いをお持ちなんでしょうね
Commented by biigle at 2006-03-21 21:40
円覚寺はいいですね、石仏の写真深みがよく出ています。
<< 明月院 フェスティバル >>