世界のクリスマス

2015年12月14日

例年12月に入ると山手西洋館ではクリスマス装飾が始まります。
今年はどんな飾りつけが見られるかと楽しみに出かけてきました。
まずイギリス館からご紹介します。
イギリスではサンタクロースの事を「ファザー、クリスマス」と呼びます。
これはケルト民族の言葉で季節の喜びや希望を表す妖精のお爺さんの事で
イギリスのクリスマスはケルトの文化の影響を受けています。(パンフレット)

1、室内に入るとテディベアがいっぱい
d0029744_1051313.jpg

2、暖炉にはプレゼント
d0029744_10514473.jpg

3、
d0029744_10522747.jpg

4、サンルームにも
d0029744_1053599.jpg

5、
d0029744_10532764.jpg

6、
d0029744_10534821.jpg

7、お隣の部屋はアリスの国が
d0029744_10543837.jpg

8、リビングの食卓はメルヘンチック
d0029744_1056106.jpg

9、飾り棚には
d0029744_1056445.jpg

10、ツリー
d0029744_10571562.jpg

11、
d0029744_10575151.jpg

by yuki0504062 | 2015-12-14 11:01 | イベント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/22656146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ukuk5656 at 2015-12-14 16:19
いいなあ西洋館のクリスマスの飾りつけ、ぜひ見に行きたいです
イギリス館は大人のクリスマスって感じで落ち着いた雰囲気がします
すぐに行けるから近くの人は羨ましい、例の人来てませんでしたか? 五郎
Commented by yuki0504062 at 2015-12-15 10:32
五郎さん 恒例のクリスマス装飾が始まりました。
イギリス館はテディベアがいっぱいでメルヘンチィックな飾りですが
リビングは落ち着いた大人のクリスマスと言う感じでした。
例の人は行った日には会わなかったけど五郎さんも西洋館に
遊びに来たら会えるかも?
<< 世界のクリスマス 山手111番館 日吉慶大キャンバス >>