岩手の郷土芸能2 中野7頭舞

2015年3月10日

日本民家園で行われた岩手の郷土芸能の第2部は午後から始まりました。
午後からの中野7頭舞は岩手県下閉伊那郡の中野地区に伝わる芸能です。
神楽舞の1つで7つの道具を用いた7種類の舞です。
荒地を開拓して豊かな村を作り上げていく様子を表しています。

1、
d0029744_14441112.jpg

2、薙刀、太刀、弓矢などを持ち勇壮に舞います。
d0029744_14455238.jpg

3、生い茂る藪を谷地棒を回し払いながら進みます。
d0029744_1447337.jpg

4、
d0029744_1448352.jpg

5、
d0029744_14485488.jpg

6、
d0029744_14491636.jpg

7、
d0029744_14494815.jpg

8、道化役「ささらすり」がお祭りを盛り上げまた明日から元気に働こうと人々を楽しませる。
d0029744_1452464.jpg

郷土芸能を通じて被災地の皆さんへの復興祈願をしています。
by yuki0504062 | 2015-03-10 15:00 | イベント
<< 大船フラワセンター 桜、桜、桜 伝え続けたいもの~岩手の郷土芸能 >>