子安漁港

2013年2月10日

横浜と言えば近代的な港町という印象がありますが昔は素朴な漁村でした。
時代と共に港町も観光化し近代的な都市になってきました。
そんな横浜の神奈川区新子安に昔ながらの漁港が残っています。
第一京浜高速道路沿いの入江川河口には子安浜と呼ばれる漁師町があり
入江川の運河沿いにはたくさんの船が係留されています。
今はほとんどの漁師は漁業権を放棄して一部の漁師がスズキやアナゴ漁を
行っているそうです。

1、入江川にかかる入江橋から。
d0029744_23512915.jpg

2、川の中に杭を立てて水面にせりだした家屋。
  乗下船や水揚げ作業に便利な形になっています。休憩に一服。
d0029744_16474551.jpg

3、運河沿いに船がひしめいています。
d0029744_16491555.jpg

4、船小屋
d0029744_1650361.jpg

5、
d0029744_16502315.jpg

6、高速道路の陰影がきれいに出たのはうれしいですね。
d0029744_2352480.jpg

7、
d0029744_16525093.jpg

8、真ん中の漁船に積まれているのがアナゴを捕る筒
d0029744_16531646.jpg

9、
d0029744_16544176.jpg

by yuki0504062 | 2013-02-10 16:42 | スナップ
<< 子安漁港その2 G1X試写 >>