丸山稲荷火焚祭

2011年11月10日

鎌倉八幡宮内にある丸山稲荷で8日五穀豊穣を感謝し
氏子の無病息災を祈る神事が行われました。
これは鎌倉市の無形民族文化財に指定されています。

1、丸山稲荷 鎌倉八幡宮内で最も古い建造物で室町中期のものとされています。
d0029744_1522968.jpg

2、神事が終わると「鎌倉神楽」が奉納されます。
d0029744_15234969.jpg

3、「湯立神楽」 煮え立った釜の湯に枝葉を浸し湯を撒く
   まかれた湯がかかると無病息災で過ごせるとされます。
d0029744_15265455.jpg

4、
d0029744_15271327.jpg

5、矢を四方に放ち邪悪を祓う。
d0029744_15284451.jpg

6、
d0029744_1529493.jpg

7、最後に天狗ともどき(山ノ神)の神楽
  天狗の舞をもどきがじゃまをしたりお供え物を撒いたりして参拝者を楽しませます。
d0029744_15305088.jpg

by yuki0504062 | 2011-11-10 15:22 | イベント
<< 箱根の紅葉を求めて 晩秋の花火 >>