七夕飾り 鎌倉八幡宮

2011年7月7日

今日は七夕、彦星と織姫の年に1度の逢瀬の日とされていますが
起源はお盆の行事の一環として行われていたようです。
七夕飾りは平塚の七夕飾りが有名ですが商業化されているようで
興味がわきません。
七夕飾りと言うとやはり鎌倉八幡宮と、今年もまた行って来ました。

1、大鳥居から本殿、舞殿と七夕飾りがゆれています。
d0029744_1439281.jpg

2、
d0029744_14415813.jpg

3、こちらでは短冊ではなく梶の葉の色紙に願い事を書いて奉納します。
d0029744_14424043.jpg
 
4、梶の葉は彦星と織姫が天の川を渡り無事に逢瀬が叶うよう船の梶ならぬ
  梶の葉を手向けたと言う由来とか(ネットより)
d0029744_1456795.jpg

5、偶然この日結婚式が行われていました。
d0029744_14511420.jpg

6、小町通りの七夕飾り
d0029744_14523772.jpg

今日は全国的にお天気が悪くて天の川は見られそうにありませんが
星に願うことは唯1つ、震災の復興が1日でも早くかないますように~
by yuki0504062 | 2011-07-07 14:41 | 鎌倉
<< 夏の花 コスモワールド >>