ステンドグラス 横浜開港記念会館

2011年2月27日

舞岡ふるさと村のかねこふぁーむで開催されている「春の光のステンドグラス」展
を見て作家の平山健雄さんが開港記念会館のステンドグラスの修復をされたと聞き
開港記念会館に行ってみました。

1、横浜開港記念会館時計塔
  T6年に横浜開港会館(このプレートは南口入り口)に残っています)として
  建設され中区の公会堂として利用されていましたがT16年の関東大震災で崩壊し
  その後復旧されS34年横浜開港記念会館となりました。
  
d0029744_1018575.jpg

2、ステンドグラス
  開港記念会館のステンドグラスはS2年に作られましたが竣工以来80年が経過し
  痛みがひどくなったのでH20年開港150周年事業として修復が行われました。
  この時に修復工事に関われたのが平山健雄さんでした。
d0029744_1026244.jpg
 
3、呉越同舟
d0029744_10263342.jpg
 
4、鳳凰 中央に横浜市のマーク
d0029744_10274320.jpg

5、ペリー乗船のポーハタン号
d0029744_10291563.jpg

このほか市民の方が作られたステンドグラスも5点飾られていました。
by yuki0504062 | 2011-02-27 10:19 | 横浜
<< スナップ散歩3 馬車道通り 「春の光にステンドグラス」展 >>