五百羅漢 長安寺

2010年11月22日

長安寺の境内には多数の羅漢像が竹林の中に安置されています。
その表情は様々ですが羅漢さんのお顔を見ていると癒されます。
全部を撮る時間がなくて1部だけですが機会があればまた訪れて
見たい場所です。

1、ようこそとお出迎えの羅漢さん
d0029744_1320029.jpg

2、難しいお顔で何を考えてるのですか?
d0029744_13204664.jpg

3、あどけない笑顔の羅漢さん。
d0029744_13214249.jpg

4、フムフムとじっくり話を聞いてくれそう~
d0029744_13224233.jpg

5、木漏れ日の中で。
d0029744_132334100.jpg

6、熟慮中?
d0029744_13252574.jpg

7、ユーモラスなお顔の羅漢さん。
d0029744_13261235.jpg

by yuki0504062 | 2010-11-22 13:28 | 四季 秋 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/12326485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きょんち at 2010-11-23 08:17 x
おおーっ、モノクロの羅漢さまたち、いいですねぇ。
とっても人間臭いお顔ですね、関東の羅漢さまはこういうのが多いのでしょうか?
北斎漫画などを眺めていても、「こんな昔からコミカルな表現ってあったんだ!」って驚かされます。手塚さんや石森さんが始めたわけじゃないんですね~
7枚目のお顔なんて、めちゃくちゃデフォルメされてて、胡坐の組み方もおもしろーい♪
Commented by ぐり at 2010-11-23 11:58 x
羅漢さんのお顔がやさしくてそれぞれの表情もいいですね
確か一つ一つみんなお顔が違うと聞いたことがありますが
モノクロというのもいいですね
Commented by ゆき at 2010-11-23 23:00 x
きょんちさん 紅葉の中でカラーの羅漢さんも良いのですが
モノクロの方が石仏の感じが出るかな~と思ってモノクロに
してみました。
表情が1つ1つ違うので楽しいですよ。
マンガちっくなお顔もあるしどこかで見たことがあるようなお顔
ばかりです。
師匠に良く似たお顔もありましたよ。
Commented by ゆき at 2010-11-23 23:05 x
ぐりさん 羅漢さんのお顔はどれ1つ同じ顔はないと言われるようにどれも表情豊かで親しみやすいものばかりでした
石仏はモノクロのほうが雰囲気がでるような気がしてモノクロ
にしてみました。
<< 紅葉散策4 箱根美術館 紅葉散策3 長安寺 >>