鎌倉八幡宮 大銀杏その後

2010年7月10日

鎌倉八幡宮の本殿に上がる左階段脇に樹齢1000年と言われた大銀杏がありました。
この大銀杏は源実朝が暗殺された時暗殺した公暁が隠れていた所とされています。
その歴史的大銀杏が今年の3月強風のため倒れてしまいましたが何とか再生させたいと
30mあった木の上4mを切り移植、大銀杏は根元から切りましたがその後から新しい芽が
出てスクスクと伸びてきています。

今日の読売新聞にこのような記事がありました。
倒れた木の枝や幹は再生に供えて保管されていたが倒木の根元から多くの新芽が出て
再生に向かいつつある。
市民から「枝を分けてほしい」と要望が出ていて八幡宮が検討していたが
記念品として寄付金(1口 1000円)を募って配布を始めた。
寄付金は大銀杏の再生にあてる。

1、6日八幡宮に訪れた時 根元から新芽が青々と伸びてきてます 
d0029744_159129.jpg

2、移植された木からも枝が伸びてきています。
d0029744_15111497.jpg

by yuki0504062 | 2010-07-10 15:12 | 鎌倉 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/11510267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 五郎 at 2010-07-10 18:55 x
この地で起こった出来事の生き証人、ついに倒れてしまったかと
思ってましたが、どっこいまだまだ生き続けて行きそうですね
でも元の大きさになるにはまた気が遠くなるような年月がかかりそう
その間、ずっと平和であり続けてほしいです!
Commented by ゆき at 2010-07-10 21:39 x
五郎さん 八幡様の大銀杏が倒れたって聞いたときはびっくりしましたが倒れて後もしっかり再生して新しい命が延びていました。
元の大きさになるには何百年もかかると思いますがこの後の歴史
をしっかり見届けてほしいですね。
Commented by dekimaro at 2010-07-10 22:10 x
ご無沙汰していました。
今日二週間ぶりに鎌倉へ撮影に行ってきました。
ゆきさんと同じように、大巧寺・本覚寺・妙本寺、そして安国論寺です。
八雲神社では、例大祭の神輿も写す事ができましたよ^^
妙本寺のノウゼンカズラは右手の株も咲き出していましたが、
いかんせん、山門の工事でアングルが限定され、ちょっと残念でした。
八幡様のイチョウも、少しずつですが復活しているようですね。
Commented by mimishimizu3 at 2010-07-11 15:28
このこと、テレビでも放送していました。
よかったですね。
生命力ってすごいですね。
Commented by ゆき at 2010-07-11 21:54 x
dekimaroさんも同じコースを歩かれたのですね。
妙本寺は山門が工事中で思うような撮影が出来ませんでしたね。
右側も花が咲き出したそうですが、やはりアングルは限定されそうですね。
八幡宮のイチョウも順調に再生してきてるようで良かったです。
Commented by ゆき at 2010-07-11 21:58 x
mimiさん 福岡でもニュースになりましたか。
歴史的樹木ですのでここで途絶えさせては八幡宮の問題ではすみ
ませんものね。
元の大きさになるには何百年もかかるでしょうが大事にしたいですね。
Commented by ぐり at 2010-07-12 22:16 x
わあ~新芽がいっぱい出てきてよかったですね
強い生命力
この新芽を育てていけばまた1000年も~
歴史の証人になってくれますね
Commented by ゆき at 2010-07-14 21:44 x
ぐりさん 大銀杏が倒れてというニュースうぃ聞いたときはえ~
嘘~と言う感じでしたが順調に再生してきていると言うので
一安心。
これからの歴史の生き証人として伸びていってほしいです。
<< 江ノ島手作りボートレース 妙本寺 ノウゼンカツラ >>