江ノ電の旅  稲村ガ崎

2009年9月20日

江ノ電沿線の散歩も最後は稲村ガ崎の夕日で締めくくりです。
稲村ガ崎は新田義貞が鎌倉攻めの時、太刀を海中に投げたら
潮が引いたとの伝説があり海浜公園には石碑も立っています。
お天気が良いと江ノ島と富士山が正面に見えて夕日のスポットとしても
カメラマンの人気の場所です。

1、
d0029744_225244100.jpg

2、江ノ島を正面に見てボート遭難の碑が立っています。
d0029744_22543299.jpg

3、陽が落ちて海岸沿いの道路は車のライトが光ってきました。
d0029744_22554586.jpg

by yuki0504062 | 2009-09-20 22:56 | 鎌倉 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/10246972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FUKUCHAN at 2009-09-21 15:26 x
夕陽って結構難しいと思いますが、いつも難なく撮られていて感心します。
1.に富士山が入ったら最高でしょうね。
Commented by dekimaro at 2009-09-21 21:23 x
稲村ガ崎の夕景、綺麗ですね。
シルエットになったボート遭難の碑と、残照に光る砂浜が印象的です。
これから空気が澄んで、夕焼け撮影にはいい時期ですね。
自分も写しに行きたくなりました^^
<< お三の宮大祭 江ノ電の旅 腰越 >>