デジタル掛け軸  鎌倉八幡宮

2009年9月17日

鎌倉八幡宮では例年14日から3日間秋の例大祭が行われ
お神輿や流鏑馬などが行われました。
例大祭に合わせて今年はデジタル映像による光のライブ(デジタル掛け軸)が行われました。
長谷川 章氏が創始者で複数のデジタル映像をコンピュータ上で掛け合わせて
映像にし数台のプロジェクターで映し出したものが舞殿や背後の山林を
キャンバスに投影された光のアートです。
暗くなった境内に光が投射されると様々に形を変えて行く光のアートに
しばし異次元の世界に迷い込んだような錯覚におそわれました。

1、
d0029744_22161457.jpg

2、
d0029744_22181968.jpg

3、
d0029744_22184310.jpg

4、
d0029744_221979.jpg

5、
d0029744_22192638.jpg

by yuki0504062 | 2009-09-17 22:16 | イベント | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://yuki050406.exblog.jp/tb/10235757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimishimizu3 at 2009-09-18 09:41
変わった試みですね。でも、おもしろそう!!
見慣れた場所が、まったくちがってしまう・・・おそろしくもあり、ぞくぞくするような楽しさもあったことでしょう。
古典的な様式美の建物が、こんなサイケデリックに変化していく・・・見たかったです!。
Commented by FUKUCHAN at 2009-09-18 17:15 x
デジタル掛け軸とはすごいイベントがあるものですね。
流れるような光のアートを存分に楽しまれたことと思います。
mimiさんが言われるようにゾクゾクしたことでしょう。
肉眼ではよく見えても、カメラに納めるにはかなり暗かったと思います。そのため、失礼ながらその時の感動は写真で表現しきれなかったのではないかと想像します。
でもその雰囲気は十分伝わっていますよ。
Commented by ゆき at 2009-09-18 21:54 x
mimiさん これは例大祭に合わせたイベントで私も初めてみました。
映像だけの投射は赤レンガなどでもありましたがコンピュータグラフィック
のような投影は横浜でも1度あったそうですが見ていませんでした。
古都鎌倉のイメージとはかけ離れた催しでしたがこれもアートなれば
こそですね。
Commented by dekimaro at 2009-09-18 21:55 x
このイベントは知りませんでしたが、鎌倉todayの方で紹介されていました。
普段見慣れた舞殿が、デジタル映像によって彩られ、不思議な雰囲気です。
さすがゆきさん、この手のイベントは目ざといですね^^
露出や色合いもバッチリです。
Commented by ゆき at 2009-09-18 22:01 x
FUKUCHAN デジタルでアートと言うのも面白いですね。
光がゆっくりと回って万華鏡のようでした。
映像が流れているのでシャッタスピードを上げないとブレているように
見えてしまいます。
それに気がついたのはPCに取り込んでから、、失敗でした。
でも初めて見てこれは写真に撮るより見て楽しむものだと思いました。
雰囲気だけでも伝わって良かったです。
Commented by miytan at 2009-09-19 00:51 x
まあ~!こんな驚きのイベントがやってるのですか~!
古都鎌倉の建物がすっかりアートな感じに変身してますね。
普通のライトアップと違ってデジタル映像が変化するのですか?
観たかったなぁ~!
<< 江ノ電の旅  由比ガ浜 秋の花散歩2  海蔵寺 >>